心も体も楽になるお料理♡ここさいキッチン

心も体も楽になる発酵料理レシピ♡ここさいキッチン

お料理を通して『心も体ももっと楽に♡もっと豊かになれたら』そんな思いから、発酵料理レシピを中心に書いています。また自身の経験から、体質改善・ダイエット・不妊・体のケアもお伝えしていきます。

【発酵】酒粕甘酒と豆乳入りの酒粕甘酒

こんばんは!

ここさいキッチンの京子です(^-^)

 

 今日も暖かい1日でしたね🌸

道ばたの菜の花も満開でした ♫

 

今日は豆乳入りの酒粕甘酒を作りました✨

 

【甘酒】って、2種類ありますね!

〔米麹の甘酒〕と〔酒粕の甘酒〕

 

〔米麹の甘酒〕は、麹を発酵させることで甘くなる甘酒。

ブドウ糖が多く含まれていて『飲む点滴』と呼ばれています。

アルコール分を含んでいないので、お子様でも安心して飲めます。

 

酒粕の甘酒〕は、酒造りの時に出る搾りかすを使って作る甘酒。

お砂糖を使って甘みをつけます。

※アルコール分を含む為、お子様やお酒の弱い方、妊婦さんは控えた方が避けた方が良いと思います。

 

『米麹は甘くて苦手』という方も、酒粕なら✨

 

酒粕の甘酒・レシピ

普通の酒粕甘酒

【材料】1人分

酒粕   25g前後

◯ お水   200cc

◯ お砂糖・蜂蜜など  お好みで

【作り方】

⑴ お鍋に酒粕とお水を加え、泡だて器で混ぜながら酒粕を溶かす。

※ アルコールの気になる方は3・4分弱火で加熱し、アルコールを飛ばす。

⑵ お好みで、お砂糖や生姜汁を加える。

 

☆ アルコールの大丈夫な方、今日はもう運転などされない方は、

 カップ酒粕と熱湯を加え10分位置き、酒粕を溶かして飲まれても良いと思います。

 (ぬるかったら、レンジで温めて下さい)

 

豆乳入り酒粕甘酒

【材料】1人分

酒粕   25g前後

◯ お水   100cc

◯ 豆乳   100cc(牛乳でも)

◯ お砂糖・蜂蜜など  お好みで

【作り方】

⑴ お鍋に酒粕とお水を加え、泡だて器で混ぜながら酒粕を溶かす。

※ アルコールの気になる方は3・4分弱火で加熱し、アルコールを飛ばす。

⑵ 豆乳を加えて温かくなったら、お砂糖を加える。

 ☆私は、豆乳入りだとお砂糖無しでも美味しく飲めます(^-^)

 

f:id:cocosai:20200214231339j:plain

 

 私、娘を妊娠していた時に(安定期に入ってからですが)

『健康に良いー(^。^)』と思って、酒粕の甘酒飲んでいたんです(1日100cc位)

私はお酒弱いし普段飲まないので、作る時に3分位沸騰させアルコールを飛ばして!

でも💦

甘酒を飲むと、ボッコボコ!!胎動がすごくて💦

1週間ぐらい飲み続けてから…

『あっ、きっとアルコールだ‼️』と思って、米麹の甘酒に変えました💦

気が付くの遅すぎ(^_^;)

気を付けてくださいね!!

 

 酒粕も、もちろん発酵食品✨

今後、酒粕レシピもお伝えしていきたいと思います♫

 

【米麹の甘酒】は、こちら⇩⇩(甘糀を薄めています)

 

食べる。って、毎日の事だから・・・。
無理をせず、楽しく♪ 続けてみて下さいね (*^-^*)

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!