心も体も楽になるお料理♡ここさいキッチン

心も体も楽になる発酵料理レシピ♡ここさいキッチン

お料理を通して『心も体ももっと楽に♡もっと豊かになれたら』そんな思いから、発酵料理レシピを中心に書いています。また自身の経験から、体質改善・ダイエット・不妊・体のケアもお伝えしていきます。

時間も野菜もムダにしない【時短】冷凍野菜の豆乳お味噌汁

こんばんは!ここさいキッチンの京子です(^-^)

 

一昨日の午後・・・ うわっ何か具合悪っ💦

お買い物する元気も無く…

『とにかく家に帰りたい』

熱を測ると、38度7分

体温計を見た瞬間に、もっと具合が悪くなる…(^_^;)

全く食欲もないけど、

『ママー!!お腹空いたー!ご飯どうするのー?』

そうよね…💧

冷凍野菜の豆乳お味噌汁・レシピ

【材料】

〇 出しパック

〇 冷凍野菜[キャベツ・玉ねぎ・もやし・舞茸がありました]

 油揚げ[切って冷凍してありました]

◯ 豆乳 2人分で100cc位(お好みで)

〇 玉ねぎの皮粉末(なくて大丈夫です)

【作り方】

⑴ お鍋に出しパックを入れお湯を沸かす。

⑵ 沸騰した所へ冷凍野菜をどんどん投入。

⑶ 再び沸騰したら火を止め、お味噌を少し濃いめに入れ豆乳を入れる。

 ※ 冷凍したお野菜は解凍するとしんなりするので、煮込まなくても柔らかくなります。

f:id:cocosai:20191213193200j:plain

すでに食べ始めちゃった

 

冷凍野菜、麹漬と酵素玄米が有ると、本当に10~15分で『いただきます』が出来る!

冷凍ごはんでも良いし、納豆や卵かけご飯だって (^-^)

汁物が1品あると、満足感も栄養もとってもアップ!

豚肉の麹味噌漬と酵素玄米、写メ撮る元気無く。

またレシピはアップしていきます!

冷凍野菜の作り方

〇 お野菜は洗ってお好みの大きさに切り、水気を切って冷凍します。

ジップロックなどに入れ、初めは袋に空気を入れて冷凍、凍ったら少しバラバラにしてから空気を抜いています。

 

冷凍をすると

きのこ類⇒旨味がアップする。

玉ねぎ⇒甘みが増す。

大根⇒味が染みやすくなる。

 

冷凍する事で野菜の細胞壁が壊れるので、栄養素が吸収しやすい状態になるそう。

冷凍野菜は水分が出てしまう為、解凍せず凍ったまま調理してください!

お浸しにや胡麻和えに使う時は、自然解凍かお水で戻せばOKです。

 

昨日は冷凍野菜が豊富でしたが、1種類2種類でも良いと思います。

あとは乾燥わかめや切り干し大根、お豆腐、玉子を落としてみたり。

お家で作ったお味噌汁、やっぱりインスタントとは違う優しいお味✨

 

お野菜を無駄にする事も無いし、時短にもなります。

何かと忙しい年末や急な体調不良に、ひと役かってくれるはずです♡

玉ねぎの皮の粉末

 玉ねぎの皮に含まれるケルセチンという成分が、抗酸化作用・抗アレルギー作用・血圧を下げる・体脂肪低減など言われていますね。

我が家も始めは健康効果を考えて買ってみたのですが、継続理由は

『コクが増して美味しい٩(๑❛ᴗ❛๑)۶』から。

お味噌汁、カレー、コンソメスープやシチューにも入れています。

 

f:id:cocosai:20191213200244j:plain

100円ショップの調味料ボトルへ移したら使いやすかった♫

そして体調不良のママは、

【甘酒】に生姜粉末を少し入れて飲みました↓↓

食べる。って、毎日の事だから・・・。
無理をせず、楽しく♪ 続けてみて下さいね (*^-^*)

今日も最後までお読み頂きありがとうございました!